繰り返し

for文を使って繰り返し処理を行うことができます

for (i in 1..5) {
    println(i)
}

1から5までの数字が出力されます

様々なループ範囲指定方法

untilを使用するとstart <= i < endのような区間を指定してループができます

for (i in 1 until 5) {
    println(i)
}

結果

1
2
3
4

stepを使用するとループ変数の増加量を変更することができます

for (i in 1..10 step 2) {
    println(i)
}

結果

1
3
5
7
9

downToを使用すると変数の値が減少していくループが表現できます

for (i in 5 downTo 1) {
    println(i)
}

結果

5
4
3
2
1